「第20回★もう一度訪れたい、思い出のあの場所 」について

第20回★もう一度訪れたい、思い出のあの場所 」について

* 記事に書いた辺りの、航空写真を貼り付けたかったのですけど、うまくいきませんでした。
  OSとかIEのバージョンの制約とかあるんでしょうか?

もう、テレビで「ALWAYS 三丁目の夕日」がオンエアされました。この前劇場公開だったばかりですよね。懐かしいですねー。
昭和三十年代、丁度、子供の頃でした。小説は書いてませんでしたけどね。^^

あっちこっちに良く空き地がありました。私の祖父母が住んでいたのは、私の家から1Km程離れた所で、良く遊びに行きました。
その家の前の路地を何軒か行って、角を曲がったすぐ先に、駄菓子屋が在って小さな店の先にはもう路地はなく、原っぱがひろがっていました。今はもうすっかり、おぼろげになってしまった記憶ですが、私の中では、つげ義春の漫画に出てくる小さな店のように浮かんできます。

あの、店のあたりに行って見たいと思うのですが、もうすっかりあの辺りも変わりはてていて、きっと夢がなくなることでしょう。

原っぱには、自転車の後ろに紙芝居をつんでやって来るおじさんや、たまには、お米を持っていくと、小さな大砲のような鉄の筒の中に入れて、しばらくねっしてから、ドカンと大きな音と共に、バクダンあられ(ポン菓子)を作ってくれるおじさんとか、子供を相手に商売する人たちも良く来ていました。
そうでなくとも、積み上げられた、土が小山になって、お決まりの土管と一緒に子供にとっては恰好の遊園地でした。

私の家から小学校へ通う道の脇にも、一箇所空き地があって、そこには、小型のトラックが捨てられていました。
これも私達にとっては、最高の遊び場で運転席に座ってハンドルを動かしたり、荷台や屋根に上がったり・・・・。
それはもう、お気に入りの場所でした。
以前に、この記憶を本にして、このブログでショート・ショートを書いてみました。その話も、もう一度行って見たい場所のことです。
そんな事もあって、今回は投稿しました。

国土地理院のホームページで、国内の全部ではないですが、古い航空写真を見ることができます。新しい航空写真と見比べると面白いですよ。
仕事で、初めて訪ねるところには、航空写真と地図が一緒になっているのはすごく便利ですね。地図ではわからない周りのビルなど目印になる場所の特徴が良くわかります。

それとやはり絵がないと、つまらないので、フォトコラ作りました。 ぜんぜん関係ないですけど。♪ 

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック